廃人の歌


廃人の歌  吉本隆明

ぼくのこころは板のうえで晩餐をとるのがむつか
しい 夕ぐれ時の街で ぼくの考えてゐることが
何であるかを知るために 全世界は休止せよ ぼ
くの休暇はもう数刻でをはる ぼくはそれを考え
てゐる 明日は不眠のまま労働にでかける ぼく
はぼくのこころがゐないあいだに 世界のほうぼ
うで起ることがゆるせないのだ だから夜はほと
んど眠らない 眠るものたちは赦すものたちだ
神はそんな者たちを愛撫する そして愛撫するも
のはひょっとすると神ばかりではない きみの女
も雇主も 破局をこのまないものは 神経にいく
らかの慈悲を垂れるにちがひない 幸せはそんな
ところにころがってゐる たれがじぶんを無惨と
思はないで生きえたか ぼくはいまもごうまんな
廃人であるから ぼくの眼はぼくのこころのなか
におちこみ そこで不眠をうつたえる 生活は苦
しくなるばかりだが ぼくはまだとく名の背信者
である ぼくが真実を口にすると ほとんど全世
界を凍らせるだろうという妄想によって ぼくは
廃人であるそうだ おうこの夕ぐれ時の街の風景
は 無数の休暇でたてこんでゐる 街は喧噪と無
関心によってぼくの友である 苦悩の広場はぼく
がひとりで地ならしをして ちょうどぼくがはい
るにふさわしいビルデイングを建てよう 大工と
大工の子の神話はいらない 不毛の国の花々 ぼ
くの愛した女たち お訣れだ

ぼくの足どりはたしかで 銀行のうら路 よごれ
た運河のほとりを散策する ぼくは秩序の密室を
しつてゐるのに 沈黙をまもってゐるのがゆいつ
のとりえである患者ださうだ ようするにぼくを
おそれるものは ぼくから去るがいい 生れてき
たことが刑罰であるぼくの仲間で ぼくの好きな
奴は三人はゐる 刑罰は重いが どうやら不可抗
の抗訴をすすめるための 休暇はかせげる