無能力な内科医

5/14の週は1週間ビッシリ予定が詰まっていた。この歳になると余裕のない予定は、その後の修復は難しくなるようだ。翌週の月曜日に体がだるく、少し熱があるようだったが、大したことはないと思っていたら、水曜日の夕方から少し咳き込むようになって、夜には咳で眠らない状態に至った。それ以降、今日まで2週間、同じ状態が続いている。病院の内科で気管支炎ということで、咳止め薬、去痰薬を処方された。症状が出てからは、1週間に2日ほど行っていたリハビリを中止し、週に2日の休むことのできない仕事だけに予定を絞っている。随分体力がなくなってきたものだ。

社会を見れば、安倍自民党は戦前の日本を理想の国家として突っ走っているし、イギリスでは頭の中の幻想に縛られた原理主義者や国家主義者が自己の正当性を主張し、一般市民を犠牲にしている。なんとも物騒な世の中になったものだ。

中断

しばらく投稿が中断してしまった。咳が3か月ほど止まらず、2か月目に内科の医者を見限って耳鼻咽喉科に行ってみたら、夜の咳は止まった。その後1か月ほど耳鼻咽喉科にかよって、ほぼ咳が止まり、治ったようだ。内科というのは一体何なんだ、と思ってしまう。「熱が出て、咳が止まらない」といえば、調べもせずに「風邪ですね」といって、解熱剤と咳止めを処方する。なんという無能力か、あきれてものが言えない。本当は内科は総合診療科であってほしいというのは、病院に行く患者の本心だ。素人の患者に客観的に判断して、その症状の原因をつきとめ、わかりやすく説明するのが内科医の責務ではないのか、といっても直接言えるわけもなく、弱い患者の泣き言にすぎない。