「人間性とは何か」への回答

メールで質問があった。
普通生物体は生き延びる様に生きますよね?
人間は、原発とか核戦争とか、1歩間違えば、破滅するかもしれないようなものを何故、作っていくのでしょう?そう言うことも、人間性に含まれますか?

回答
 人間性の定義はむずかしいのですが、言えることは人間の行うことすべてが人間性に含まれると思います。ただ、人間性には、植物性、動物性もすべてふくまれています。あるときは植物性が主体的にあらわれたり、あるときは動物性があらわれたり、あるときは人間の原始的共同性があらわれたり、一人の人を愛するという恋愛感情をもったり、国家や宗教などの共同性に身を置いてしまって戦争を起こすことがすべて人間性です。ただこれらが並列的でもありますが、徐々に段階(歴史)的につみ重ねてきた部分もあります。原発は実際は科学技術の問題です。今発見されている素粒子などもある意味では危険なものです。科学が発展すると危険性は格段に増えていきます。科学技術の応用には危険性が伴いますが、発展を止めることはできません。注意深く取り扱う必要があります。一方、戦争や核爆弾の開発、軍事費用の増大など戦争につながる行為は国家や宗教など共同性の問題です。(主体的か非主体的かを問わず)戦争は個人が共同性に巻き込まれた争いです。国家や宗教を越えて個人が主体になる情況が見えてきていません。先進国でさえ、逆戻りして国家主義的になってきています。でも人間性は最終的には個人を主体とした自由・平等・博愛を理想とした社会を目指しているのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です