ヒマラヤ・トレッキング2(The Second Himalayas Trekking)


ブータン・シリーズもついにアニバーサリー第10弾です。 2度目のヒマラヤ・トレッキングを紹介します。
今回の6泊7日ツォナパタ・トレッキング(Tshonapata Trek)は、 前回の チョモラリ・ヤクサ・トレッキング(Jomolhari Yaksa Trek) の南西地域に当たり、 聖池ツォナパタ湖とその周辺の湖を巡るものです。
前回の雪山に対し今回は花のトレッキングで、 石楠花(シャクナゲ、英名Rhododendron、ブータン名:ツェゲンメトTsheyngen Meto)や ブルーポピー(ブータン名:エトメトEtho Meto)を愛でる旅となりました。 標高は前回の4800mに対し4300m、 総距離も少し短いのですが、 峠が多くアップダウンの多い歩きになりました。

(1) 第1日目 ハからツォカム・キャンプまで
(2) 第2日目 ウォムジ・キャンプまで
(3) 第3日目 ツォナパタ到着
(4) 第4日目 ツォナパタ湖畔散策
(5) 第5日目 ツォン・キャンプまで
(6) 第6日目 ジュネ・ゴンパまで
(7) 第7日目 ハ帰還

トップページに戻る

thm_trek2.jpg トレッキング・コース地図(224KB)

峠の位置がはっきりしないのですが。

当初リンツィンさんがメールで送ってくれた日程表です。
Day 1 , Haa To Tshokam
Day 2 , Tshokam To Womji ( Distance 13 Kms, time 7 −; 8 hrs)
Day 3 , Womji To Tshonapata ( Distance 17 Kms, time 8 −; 9 hrs)
Day 4 , Tshonapata
Day 5 , Tshonapata To Tshang ( Distance 17 Kms, time 8 - 9 hrs)
Day 6 , Tshang To Juney Gompa ( Distance 13 Kms, time 6 −; 7 hours)
Day 7 , Juney Gompa To Haa

トップページに戻る

今回もトレッキングの様子が分かるように、 時間経過に沿って纏めました。

吾がキャラバン隊のメンバーは、

1 img_0633.jpg いつものMR.リンツィン(Mr.Rinzin)、

2 img_0530.jpg コックのMR.キンレー(Mr.KINLEY of the cook)、53歳。

3 img_0529.jpg アシスタント・コックのMR.ダルゲ(Mr.DARGAY)。

この二人は超ベテランコンビで、今回の直前には、 30日以上かかるという、 あのスノウマントレックに行って来たばかりだそうです。

4 img_0494.jpg ホース・マンのMR.ゼンチョ(Mr.ZHENCHO)。

彼はハの馬飼いで、今回の目的地ツォナパタ湖付近に馬の放牧に来ている所を リンツィンさんに呼び出され、ハまで戻り私をツォナパタ湖まで連れて行き、 終わったらまたツォナパタ湖まで戻るそうです。 なんと3往復!!!

5 img_0358.jpg そして屈強なブータン馬5頭です。(Then, they are five strong Bhutanese horses.)

前回は7頭でしたが、そもそも冬は装備が多く、 馬の餌も馬が運んだのですが、 今回は回りに草が溢れていますから、その必要はありません。 また私がダウンした時に備えて、 リンツィンさんが私の乗馬用の馬を準備していたのですが、 今回それもなく5頭で充分となったのです。
----------------------------------------------------------

第1日目  ハからツォカム・キャンプまで

5月28日
空港のあるパロから西隣の町ハ(Haa)へ車で移動し、 ハのインゴ村(Ingo village 2860m)から、 5頭の馬のキャラバンでトレッキングがスタートします。
ジュネ・ゴンパ(JUNEY GOMPA 3341m)を経て、 4時頃キャンプ地ツォカム(TSHOKAM campsite 17.9c 3778m) に着きました。
2008-05-28
6:48 HOTEL GANGTEY PALACE checkout

img_3020.jpg 7:37 Red Chilli breakfast
レッドチリで朝食のご飯を食べました。

8:16 car start

img_3021.jpg 9:26 Chelay La before Etho Meto
チレラの手前はシャクナゲが咲き誇っています。

img_3022.jpg まずはクリーム色のシャクナゲです。

img_3030.jpg チョモラリが雲の間から顔を見せました。

img_3037.jpg 10:08 Chelay La Blue Poppy
チレラでは去年ブルーポピーを見た所に寄ってみました。 今年もありました。 去年より数も多いですし、花弁も雄蕊も遥かに綺麗です。

img_3051.jpg 去年は見なかったブータン国花のメコノプシス・グランディス(Meconopsis Grandis)もありました。

11:00 chelay la start
12:00 haa arrive

img_3069.jpg 12:12 ingo village start 2860m
ハのインゴ村(Ingo village 2860m)で、 荷物を5頭の馬に乗せ換え、トレッキングがスタートします。

img_3074.jpg 12:45 lunch
森の広場で弁当を食べます。

13:17 lunch end

img_3076.jpg ジュネゴンパの近くまで来ました。

img_3085.jpg 14:05 JUNEY GOMPA 3341m
ジュネ・ゴンパに着きました。 ハの町が一望できます。

img_3086.jpg ジュネ・ゴンパの回りは、嘗ては村だったのですが、 今は廃墟が残るだけです。

img_3091.jpg 14:51尾根道を歩いて行くと、今年1月に行った チャンカ・ゴンパ(Changkha Goempa) が見えます。

img_3093.jpg 同じく ジェムテ・ゴンパ(Jemtey Goempa) も見えました。

15:10 - 15:14 rain little

img_3096.jpg 15:42森の中の道

img_3101.jpg 15:54高山植物が現れます。

img_3106.jpg 16:02 TSHOKAM camp site
キャンプ地ツォカム(TSHOKAM campsite 17.9c 3778m)に着きました。 もう富士山より高くなりました。

img_3109.jpg 17:58 camp fire

img_3115.jpg 19:21 dinner

20:35 tent
22:00 rain
夜10時頃雨が降るのを、テントの寝袋の中で、 夢うつつで聞きました。

----------------------------------------------------------

第2日目  ウォムジ・キャンプまで

5月29日
この日はチョズ峠(CHUZU la 3937m)と サブジョ峠(ZHABJE la 4155m)の 二つの峠を越えました。
途中シャクナゲやブルーポピー、 その他の花々が溢れています。 1時半頃キャンプ地ウォムジ(WOMJI campsite 3770m 19c) に着きました。

2008-05-29
4:37 wakeup 12.4c

img_3118.jpg 6:27 camp fire

img_3119.jpg 6:58 breakfast

7:50 start 14.0c

img_3121.jpg 8:00

img_3128.jpg 8:41

img_3131.jpg 8:59 horse go to
馬隊が追い抜いて行きます。

9:07 forest end

img_3139.jpg 9:10 CHUZU la 3937m
森を抜けるとチョズ峠に着きました。 カラスが一杯です。

img_3151.jpg 9:16 bird photo Blood Pheasarit
前方の木立をキジのような鳥が横切ったのをリンツィンさんが見て、 私にこちらに出るように追い立てるから、 カメラを構えて待っているように言いました。 彼の読み通りすぐ上の斜面を横切って行きました。

img_3546.jpg 後で図鑑を見せてくれました。

img_3155.jpg チョズ峠を振り返ります。森が終わっているのが分かります。 先程の鳥は木立から左上の斜面に出たのです。

img_3174.jpg 10:25エトメト

img_3177.jpg 潅木のエトメトになりました。

img_3182.jpg 10:30 Blue Poppy
ブルーポピーの群生地です。

img_3184.jpg 10:32

img_3185.jpg ブルーポピーのアップが撮りたいのですが、 風に揺れている為なかなかピントが合いません。

10:59 4068m

img_3217.jpg ブルーポピーが一杯あります。

img_3227.jpg 11:04こんな色もあります。

img_3231.jpg 今開かんばかりのブルーポピーの蕾です。

img_3234.jpg ブルーポピーの生えている場所はこんな所です。

img_3235.jpg 生えたばかりのブルーポピーの草が沢山あります。 結局1時間以上もブルーポピーの写真を撮ってしまいました。 この辺りには花だけで12はありました。 他に株は数多くありました。

img_3240.jpg スミレもあります。

img_3241.jpg サブジョ峠に近づきました。

11:27 ZHABJE la 4155m

img_3251.jpg 11:42 road slide point
崖崩れ地点です。

img_3256.jpg 12:20 lunch
昼食です。

img_3259.jpg 12:41キャンプ地が見えました。 前方の山裾の緑の平らな所が今日のキャンプ地だそうです。

img_3261.jpg 13:15この辺りには紅色のエトメトが群生しています。

img_3262.jpg ヤクキャンプの子犬

img_3264.jpg 13:32 WOMJI camp site3770m 19c
ウォムジ・キャンプサイトに着きました。 既にダイニングテントが張られています。

img_3270.jpg MR.ダルゲが私のテントを設営してくれます。

img_3293.jpg 昨夜の雨で湿った毛布などを草地に広げて乾かします。 その上に寝っころばりました。

img_3296.jpg 15:51MR.キンレーは夕食の準備。

img_3297.jpg 16:45MR.ゼンチョは薪を集めてきました。

img_3302.jpg 19:14camp fire
火が入りました。

img_3304.jpg 19:15 dinner 3915m 11.7c
楽しい夕食です。

20:10 tent
8時過ぎにはテントに入り、結局寝てしまいます。

----------------------------------------------------------

第3日目  ツォナパタ到着

5月30日
朝の気温は4.1℃と流石に寒く、テントには霜が貼っていました。
この日はシンコー峠(SHINGKO la 4200m)、 テジャ峠(TSHEJA la 4308m)、 ツォナ峠(TSHONA la 4290m)と3つの峠を越えました。
シンコー峠とテジャ峠の間に、 2箇所崖崩れ(land slides)があり、緊張しました。

2008-05-30

img_3308.jpg 4:16 tent
テントには霜がついています。

4:25 4.1c 3920m
5:25 - 5:25 out4.3c

img_3318.jpg 7:05 breakfast puri
朝食は小麦粉を練って揚げたプリとポテトカレーです。

7:50 start

img_3319.jpg 7:56沢を渡ります。

img_3322.jpg 7:57また違う種類のしゃくなげです。

img_3323.jpg 8:51山道の向うにシンコー峠が見えます。

8:55 4078m
9:45 SHINGKO la4200m
シンコー峠に着きました。 後ろからヤクが来ているというので、 記念撮影もせず待機しました。

img_3326.jpg 9:55ヤクの群れが見えました。

img_3327.jpg ヤクの群れが近づきます。 この時既に先導のチベッタン・マスチス犬が我々の回りを警戒しています。

img_3333.jpg 放牧のためにツォナパタ湖周辺地域に移動するのだそうです。

img_3336.jpg ヤクとダルシン。 大きな雄のヤクは荷物を運んでいます。

img_3338.jpg 子どものヤク。

img_3339.jpg ヤク飼いの男は呪文を唱えながら、 手にしていたしゃくなげの花をチョルテンに捧げました。 一瞬でしたのでその瞬間は写せませんでした。 後でリンツィンさんが言うには、二つの願い事を言ったそうです。 一つは神のご加護がありますようにで、 もう一つは綺麗な娘に会えますようにだそうです。

img_3340.jpg それにしてもゴム長靴でここまで来るとは!

img_3343.jpg 10:59 sharp up hill
ガレ場の急坂に差しかかりました。 日が差して暑いのが堪えます。

dscf7507.jpg 崖崩れ地点です。 写真ではたいした斜面に見えませんが、 見た目は物凄い急斜面で、道は細く、砂が滑りやすく、 なにより深い谷が恐怖を煽ります。 まるで綱渡りです。

dscf7513.jpg こんな場所でもブータン人にとってはどうってことはなく。 リンツィンさんは気楽に写真を撮っていますが、 上から砂利が落ちてくるので、私はヒヤヒヤです。

img_3346.jpg 11:10崖崩れ地点を振り返ります。

11:15 4111m

img_3349.jpg 11:32 blue poppy 4145m

img_3351.jpg またブルーポピーがありました。

12:30 TSHEJA la4308m
テジャ峠は冷たい風が強く吹いていました。

img_3358.jpg 12:42テジャラを少し下った所です。

img_3359.jpg 池がありました。

img_3364.jpg 13:04 lunch 4189m 15.6c
風が強いので池のそばの岩陰で昼食にします。

13:27 start
14:17 rain
14:27 poncho

dscf7546.jpg 14:34 TSHONA la4290m
ツォナ峠到着。 峠の手前辺りで雨が降ってきたため、 記念撮影はしませんでした。

img_3367.jpg 14:43 TSHONAPATA lake 4188m
ツォナパタ・キャンプ地(TSHONAPATA campsite 4188m)に着きました。
ツォナパタ湖は煙って見えませんでした。

img_3370.jpg 15:05テントで雨宿りしていると、雹も降ってきました。 でもその後雨上がりの素晴らしい景色を見せてくれました。

img_3371.jpg 雨があがりツォナパタ湖が見えました。

img_3373.jpg 15:15青空が出て日が差してきました。

img_3376.jpg 草原からもうもうと湯気が立ち上ります。

img_3379.jpg ツォナパタ湖から流れ出る川です。

img_3383.jpg ツォナパタ湖の背後の山には雪が残っています。

img_3384.jpg 右手にリッジがあり、明日歩くそうです。

img_3385.jpg テントの所からはツォナパタ湖の左が隠れて全貌が見えないので、 見えそうな位置に移動している内に、 かなり遠くまで来てしまいました。 テントが小さく見えます。

img_3394.jpg ここでもツォナパタ湖の全体は見渡せませんでした。

img_3397.jpg 18:19 camp fire

img_3405.jpg 19:04 dinner

19:50 tent
21:00 rain

----------------------------------------------------------

第4日目  ツォナパタ湖畔散策

5月31日
この日はツォナパタ湖周辺を歩きました。
今日の予定は傍の山に上り尾根道を行き、 シンコー峠で出会ったヤクの群れのキャンプ地を訪れ、 再び山を上りツォナパタ湖畔に出ます。
2008-05-31
4:27 6.0c

img_3409.jpg 5:26 camp fire

img_3413.jpg 07:00 breakfast
昨日の夕食の残りをおじやにしたものですが、 これがまた妙に美味しいのです。

img_3419.jpg 7:24 marmot
マーモットが顔を出しました。

img_3423.jpg 近づくとすぐに穴に入ってしまうのでこれが精一杯です。

8:15 start
8:35 ridge way

img_3429.jpg ヤクキャンプ跡

img_3431.jpg 8:36

img_3433.jpg 尾根を歩きます

img_3448.jpg エトメトが一杯です。

img_3454.jpg 下にヤクキャンプが見えます。

img_3456.jpg エトメトの茂みは尾根の右側(ツォナパタ湖の反対側)だけにしかありません。 下から強い風が吹いてくるからでしょう。

img_3457.jpg 9:46

img_3459.jpg 左のツォナパタ湖側から風に乗って霧(雲?)が上がって来ます。

img_3464.jpg チャイニーズ・キャタピラ(冬虫夏草)を探しに行ったコック達が戻って来ました。 成果はなかったようです。

10:30 4170m down point
尾根を下ります。

img_3470.jpg 10:42 yak camp
ヤクキャンプに着きましたが、 生憎誰もいません。

img_3471.jpg ヤクキャンプの留守番の子犬だけです。

img_3476.jpg 先程歩いた尾根です。

img_3477.jpg ツォナパタ湖から流れ出している川です。 川の向うがツォナパタ湖です。

img_3479.jpg 我々の馬達が草を食べにここまで来ています。

img_3481.jpg ツォナパタ湖から流れ出る川沿いの草原に放牧されたヤクがいます。

img_3484.jpg ヤクの群れの近くまで来ました。

img_3489.jpg 川沿いをツォナパタ湖まで上がります。

img_3491.jpg 11:39

img_3494.jpg 川の始まりは小さな滝のようにになっています。

img_3495.jpg ツォナパタ湖に出ました。

img_3496.jpg 川となる湖の出口付近。

img_3499.jpg 11:45 TSHONAPATA lake side
湖畔(Lake Tshonapata Alt 4107m)に来ました。

img_0825.jpg 12:19 リンツィンさんが持って来た釣竿で、 釣をしましたが釣れませんでした。 (fishing golden trout)

13:22 return
キャンプ地に戻りました。

img_0853.jpg 13:25 lunch
昼食です。

img_0855.jpg 今日はチーズ・モモが出ました。

昼食後テント周辺の花を撮ります。 ブルーポピーばかりではなんなので。 でも名前は全然分かりません。

img_0870.jpg 15:13ツォナパタ湖の紫色の花

img_0873.jpg 15:15ツォナパタ湖の黄色の花

img_0875.jpg 15:17ツォナパタ湖のドワーフ・エトメト

img_3511.jpg 15:38やはりブルーポピーも撮ることにします。

img_0895.jpg 15:44テントのすぐそばにブルーポピーがあります。

img_3515.jpg テント傍のブルーポピー

img_3516.jpg 16:22 marmot
マーモットの巣の入り口にビスケットを置き、 巣の傍に待機しました。 しばらくすると顔を出しましたが、 食べません。

img_3520.jpg 向うの穴から2匹顔を出しています。

img_3527.jpg 他の巣穴からも1匹出てきました。

img_3535.jpg こいつは全身を出しました。

img_3539.jpg ビスケットを置いた所からも出て来ましたが、 食べません。

img_0903.jpg 17:23テント内でくつろぐMR.ダルゲ。

img_0904.jpg いつも念仏を唱えているMR.キンレー。

img_0905.jpg 寡黙なMR.ゼンチョ。

img_0907.jpg 19:16 camp fire

img_0914.jpg 19:30 dinner

img_0915.jpg 食事風景を撮ったのですが、暗いのでストロボを使ってもこんな具合です。

20:10 tent
23:37 6.6c

----------------------------------------------------------

第5日目  ツォン・キャンプまで

6月1日
今日は始め来た道を戻り、途中から道を変え、 小さな湖があるという場所に行きます。
2008-06-01

img_0917.jpg 4:07 3.7c
4時頃目を覚ますと気温は3.7℃と流石に寒く、 テント内で片付けなどしていると、 いつもは7時頃起きるリンツィンさんが、 珍しく5時頃テントに来て、 カンチュンジュンガが見えると言います。
外に出て見ると素晴らしい天気で、 遠くシッキムのカンチュンジュンガや、 チベットの町(JOMO CITY TIBET)が見えます。

img_3556.jpg 5:03 Kangchenjunga
朝焼けのカンチュンジュンガ。

img_3565.jpg 5:04 JOMO CITY TIBET
チベットへの道。

img_3567.jpg カンチュンジュンガはこれで3度目ですが、 チョモランマ、K2に次いで世界第3位の高峰は流石に威厳があります。 誰の台詞だったか、 8千mから上は神の領域と。

img_0941.jpg 5:58昨日置いたビスケットがどうなったか見に行くと、 なくなっていました。 マーモットが食べたのか、それともカラスにでも食べられたか?

img_0943.jpg 06:48 breakfast

img_0946.jpg horse lay down
これから出発だと言うのに1頭寝転んでくつろいでいるのがいます。

7:35 4257m
7:38 TSHONA la4272m
来る時は雨だったツォナ峠(TSHONA la 4272m)で記念撮影などし、 来た道を戻ります。

img_3582.jpg 7:52リンツィンさんがパンサーの糞を見つけました。 マーモットやブルーシープの毛が入っているそうです。 あの幻の雪豹かもしれません。 リンツィンさんもまだ見たことはないそうです。

img_3601.jpg 9:11テジャラ近くまで上がった馬隊

img_3605.jpg 9:21 TSHEJA la
テジャラに到着。珍しく3人揃いました。

img_3612.jpg 来る時写真を撮ったブルーポピーの群生地です。

img_3614.jpg 10:10崖崩れ地帯を恐る恐る通過しました。

img_3617.jpg 10:18馬隊が行きます。

10:55 2nd road slide
11:15 SHINGKO la
シンコー峠で記念撮影。

img_3631.jpg 11:31ここで来た時の道を離れ、山を上って行きます。 ンガツォ(nga 4157m)とネトツォ(ngato)という2つの湖に行くためです。

img_3632.jpg 下に見えるのが来た時の道です。

img_3635.jpg 11:412日目のキャンプ地ウォムジが見えます。

img_3640.jpg 12:15今日のキャンプ地を目指す馬隊。

img_3643.jpg 12:16山の中腹にヤクキャンプの黄色い屋根が見えますが、 その左上が今日の我々のキャンプ地です。

img_3647.jpg 12:20私もなんとか後に続きます。

img_3654.jpg 12:24放牧のヤクの群れがいます。 その左手上方に目指す湖があります。

img_3657.jpg 12:28 lunch
岩の上で昼食にします。

img_3664.jpg 12:33

12:51 lunch end4114m

img_3665.jpg 13:05一つ目の湖ンガツォが見えました。

img_3675.jpg 13:20

img_3679.jpg 13:21

13:28 nga lake 4157m

dscf7699.jpg 記念に小石を拾いました。

img_3694.jpg 13:40 ngato lake
二つ目の湖ネトツォが見えました。

img_3698.jpg 13:41私のテントが張られたのが見えます。

img_3699.jpg 13:45二つ目の湖ネトツォから流れ出る川。

img_3707.jpg 14:22 rock mountain4267m
岩山(rock mountain 4267m)を上り、2つの湖を見下ろしました。

img_3714.jpg 14:32岩山を降り、テントを目指します。

15:00 TSHANG camp site4137m Blue Poppy
キャンプ地ツォン(TSHANG camp site 4137m)に着きました。

img_0969.jpg 16:07ここにもブルーポピーが一杯です。

img_0987.jpg 16:39 noodle
MR.キンレーがおやつにとヌードルを作ってくれました。

img_0995.jpg 17:22 stream wash body
このキャンプ地はすぐそばに流れがあるので、とても便利です。

img_0996.jpg 19:28camp fire

img_0997.jpg 19:31 dinner first soup
今まで写真を載せていませんでしたが、 夕食は始めにスープが出ます。 この日はマッシュルーム・スープでした。

img_0998.jpg

20:10 tent

----------------------------------------------------------

第6日目  ジュネ・ゴンパまで

6月2日
来る時に越えてきたサブジョ峠とチョズ峠の二つの峠を戻ります。
最後のキャンプ地はジュネ・ゴンパ(Juney Gompa 17.6c 3430m)横の空き地で、 眼下にはハの町が見えます。

2008-06-02
4:38 7.6c

img_1003.jpg 04:59camp fire

img_1009.jpg 05:10 blue poppy
昨日夕方写真を撮ったブルーポピーは花びらを閉じています。

img_1029.jpg 6:34 下のヤクキャンプのヤクが上がって来ました。

img_1053.jpg 06:56yak men come
ヤク飼いの男が来ました。 ヤクキャンプを見せてもらうことになりました。

img_1090.jpg 7:13 ヤクの写真を撮っている間に乳絞りをしていました。

img_1091.jpg ヤクのミルクです。

img_1099.jpg 乳絞りの様子を写させてもらいました。
ディンディさん(Mr. DINDI)56歳、 軍隊に23年勤め、その後ヤク飼いになる。 子供達は町で暮らし後継者はいない。 一人でやってきたが、 膝が悪くなったので今年当たりリタイアを考えているそうです。

img_1110.jpg 今年産まれたヤクの子が角突きの練習をしている。

img_1127.jpg 赤ちゃんヤクに触らせてもらう。 ここには雌のヤクと子供だけで雄は山向うに放牧している。

img_1135.jpg 小屋にいるのは去年産まれた子供のヤク。 パンサーやジャッカルに狙われるので保護している。

img_1138.jpg 子ヤクの皮袋。これにミルクを入れて、揺する(チャーニング)とバターが分離する。 その後熱して胃酸を加えカッテージチーズを作る。 残った液体成分は家畜に与えるが人間が飲んでもうまい。

img_1141.jpg ヤクミルク

img_1142.jpg ヤクチーズ

img_1150.jpg ヤクのヨーグルト

ヤクのヨーグルトをお代わりして2杯も頂いてしまった。 酸味があって日本のプレーンヨーグルトに似ている。 微かに干草のような匂いがする。 ヤクミルクも2杯飲んで、更にリンツィンさんの食が進まないのでそれも貰う。 所謂牛乳臭さは無く、微かな味があるだけ。 後でMR.キンレーが温めてくれた。 リンツィンさんの食が進まなかったのはそのせいで、 生はお腹を下すそうだ。 私は何ともなかったが、 ただやたらと腹にガスが溜まり、 この日は1日中放出する破目になった。 これはヨーグルトのせいだそうだ。

ヤクのチーズも固い豆腐を食べているような感じ。 こちらの料理法は前回もそうだったが、 煮込んでバターを入れるのが定番のようだ。 バターがちょっとくどいので湯豆腐みたいにして食べるのがいいかもしれない。 後は乾燥して固くなった物をしゃぶる。 これを初めて口にした時は石かと思った。

雌のヤク ジ(BJEE)
チーズ チュゴ(CHUGO)
ヨーグルト ショ(ZSHO)
青い芥子ツェゲンメト(Tsheyngen Metho)
大黄チュカメト(Chukha Metho)

彼の話しによると昨日の岩山の向うには小さな湖(池?)が沢山あるそうです。 丁度中国の黄河・長江源流域の星宿海のような感じなのでしょう。

img_3723.jpg 8:03 breakfast TSHANG camp site4110m
朝食はパンケーキとフレンチポテト。

img_3724.jpg パンケーキでエマダツィを丸めて食べると美味しい。

9:00 start

img_3727.jpg 9:22 Blue Poppy
スタートしてすぐにまたブルーポピーがありました。

img_3731.jpg 9:25蕾

img_3745.jpg 二人を記念撮影。

img_3739.jpg 9:29馬隊が通過していきます。

dscf7797.jpg カメラアングルに凝るリンツィンさん撮影。

img_3751.jpg 10:10崖崩れ地点が見えます。

img_3755.jpg 11:25野焼きの後。 ヤクの食べる草が良く生えるようにするそうです。

11:40 poncho

img_3758.jpg 11:55 CHUZU la
この峠をサブジョ峠とメモして来ましたが、 考えたら帰りは違う道でサブジョ峠を通るはずはありません。 写真を見比べると違います。 それでリンツィンさんにメールで尋ねたら、 次の峠と同じ名前のチョズ峠ということでした。 この辺の地名は地図にない無名のものが多く、 ヤク飼いが付けたものが多いようです。

img_3759.jpg 霧、というより雲が山を越えていくようです。

12:10 little sun shine
12:30 poncho off

img_3765.jpg 12:46来る時の道に合流しました。

img_3766.jpg 下の道が来た時のウォムジへ、上の道が今日のツォンへ行きます。 知らないとまず間違えそうです。

img_3769.jpg 12:54ここにも放牧されたヤクがいました。

img_3779.jpg 13:06 CHUZU la
来る時に越えてきたチョズ峠が見えました。 左の斜面が来る時キジに似た鳥を見た所です。

img_3782.jpg つい最近MR.ゼンチョの仲間の馬がここでの野営中、夜ジャッカルに襲われたそうです。

img_3785.jpg 13:13森へ入ります。

img_3786.jpg 13:14ハの町が見えます。

img_3787.jpg 13:18 lunch
MR.キンレーが温めてくれたヤクのミルク(hot yak milk)を飲みます。

img_3791.jpg 昼食

13:38 3901m

img_3821.jpg 15:35 JUNEY GOMPA
最後のキャンプ地はジュネ・ゴンパ(Juney Gompa 17.6c 3430m)横の空き地で、 眼下にはハの町が見えます。

img_3822.jpg 16:43yak cheese
ヤクのチーズのおやつ

17:04 17.6c 3430m

img_3823.jpg 17:23camp fire

img_3833.jpg 19:16dinner

19:50 tent
22:30 rain
夜10時半頃雨が降りました。

----------------------------------------------------------

第7日目  ハ帰還

6月3日
この日はジュネゴンパを見物してから、 ハの町に1時間程で下りました。
チレラを越えて午後にはパロに戻りました。

2008-06-03
3:25 13.8c rain

img_3834.jpg 05:44in tent
テント内です。 エアマットと寝袋のお陰で寒さ知らずでした。

img_3837.jpg youghult
朝のヤク・ヨーグルトは格別です。

img_3838.jpg 06:31breakfast

7:15 start
ジュネゴンパを見物します。
7:40 gompa start
昨夜来の雨が続き、赤土の道が滑りやすくなっており、 用心しながら歩きました。

img_3847.jpg 08:43麓に着きました。

img_3860.jpg 09:15horse luggage down
馬も荷を下ろします。

img_3861.jpg white horse
最年長8歳の白馬も。

img_3865.jpg 09:33taxi
コックの二人はティンプーまで帰ります。 もう、次のトレッキングの仕事が入っているそうです。

img_3866.jpg rinzin car
我々はトレッキング中、車を置かせてもらった、 リンツィンさんの奥さんの学友の家にお呼ばれされています。

img_3868.jpg 9:46奥さんの学友の家で、 お茶と蕎麦粉の信州のお焼きのようなものをご馳走になりました。

img_3871.jpg これは蒸かした物で、中には各種野菜。

img_3872.jpg こちらは揚げた物です。

img_3877.jpg 10:22rinzin high school
リンツィンさんが過ごした高校です。

img_3891.jpg 11:22 chelay la

img_3894.jpg 11:38monestry

img_3895.jpg 15:34 lunch

21:02 dinner

6月4日
いつもならこれで帰りなのですが、 今回はリンツィンさんが特別に2週間のビザを取ってくれたので、 去年立てた母親の記念の旗を見に、 ブムタンまで行きました。

トップページに戻る