Nとの対話 象徴天皇制

N:

 皇居宮殿で「即位礼正殿の儀」が行われ、天皇が、「国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としての務めを果たすことを誓います。」と述べたそうです。

 これがネトウヨの間で大問題になっています。「憲法にのっとり」を文字通りに解釈すると、憲法を守るということになり、憲法改正を願うネトウヨには受け入れられないからです。中には、ここで言う憲法とは、国際条約、コモンセンスのことだと、苦しい解釈をする者もいます。

 私は字面通り、「憲法を守る」というのが天皇の意思だと思います。昭和天皇、平成天皇と、この一家は「憲法を守る」ことを、代々受け継いでいると思います。

 即位式で各国来賓の前で宣明したのですから、この意味は大きいですね。安倍首相も思わぬ伏兵に出会ったものです。

 

瘋癲老人:

 おっしゃる通りなのですが、象徴天皇(あるいみでは古来かわりませんが)制を超えようとする見識を持っている人はほとんどいませんね。すべての報道機関は天皇制がいかに国民に支持されているかを報じるだけで、天皇制のもっている意味やその問題点、未来をどのように描くのかについて語っているものは皆無です。

 右翼も左翼も中道も政治勢力は天皇という言葉の前で自立性を放棄しているように思われます。ネットウヨが天皇の言葉に反対ならば、「もう天皇はいらない」といったほうがすっきりすると思うのですが、これも自立性を失って、うやむやになってしまうのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です