TVドラマにみる共同体と自立

 最近TVドラマを見て、感じることだが、共同体(会社や社会あるいは国家、宗教など)と個人との対立や孤立から自立して生きようとする姿が共通してみられるようにおもう。例えば「相棒」や「ドクターX」、「科捜研の女」そして「同期のさくら」など挙げればきりがない。なぜこのような現象が起きているのだろうか。
 我々は日常的に意識する、しないにかかわらず共同体(社会)からの抑圧に晒されている。このことは、よく引用される漱石の『草枕』の冒頭部分にうまく表現されている。

山路を登りながら、こう考えた。
智に働けば角が立つ。情に掉させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。

 このような状況の中で我々庶民のとりうる対応について漱石は次のように続ける。

 住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。
人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。やはり向う三軒両隣りょうどなりにちらちらするただの人である。ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。あれば人でなしの国へ行くばかりだ。人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。

 ここで漱石は共同体(社会)から逃れる場所はどこにもない、自己の観念の世界(詩や画)で超えていくほか方法はないといっているように思われる。
 当然ながら個人のいる場所が違うから超えていくための観念の表現方法もそれぞれ異なってくる。TVドラマの例でみると、「相棒」の警察組織(共同体)内では「共同体の規律」を守ることが重要だとされており、主人公の杉下右京は警察庁キャリアでありながら、彼の資質から「真実」を知りたい、という彼の理念(観念)を追求するあまり、いつも「共同体の利益」と齟齬(智に働けば角が立つ)が生じてしまう。そのため組織から切り捨てられそうになるが、彼の明晰な頭脳で「真実の追求」が「共同体の利益」につながるという理屈でぎりぎり切り抜けている。
 「科捜研の女」は京都府警の組織の中で犯罪を「科学・技術」的に立証する科捜研という特殊な共同体に所属している。榊マリコの事実を立証たいという個人的な意思(観念)は科捜研という仕事環境の中ではそれほど相反するものではない。だから組織から若干はみ出す(智に働けば角が立つ)ことはあても、相棒ほどの対立は見られない。
 「ドクターX」の大門未知子は「病院」という組織の外にいて、フリーランスという立場で、組織の統制からいつもはみ出して(智に働けば角が立つ)しまうが「私失敗しないので」という理念(観念)で自己の持つ医学に関する圧倒的な知識や手術に関する秀逸な技術を駆使して共同体の抑圧を乗り越えていく。抑圧する共同体も彼女の才能(観念)を認めざるを得ず、結果として医療現場で活躍することになる。
 「同期のさくら」の北野サクラは離島で生まれ育ち、そこで育まれた素直に表現するという性格により会社組織において自己の異和(離島の共同体の幻想を含む自己の観念)感を率直に表現(意地を通せば窮屈だ)してしまうことになり、どんどん問題児扱いとなり、出向さらには解雇まで至ってしまう。
 このように、自己と共同体の対立は元来本質的なものである。必ず共同体には規律(法律)があり、タブーがある。この規律やタブーは個人の観念に対するものである。このため、共同体に晒される個人は、「共同体に反する観念を持てば共同体から外されるのではないか」という恐怖感をもつことになる。この恐怖感を克服するには共同体に対峙する明確な自己の観念が必要であり、共同体に含まれながら、自己の観念は自立した世界をもつという矛盾した世界を内包する必要があるといえる。
 我々は社会の中で何らかの共同体に属し、その中で経済的にも観念的にも生きている。共同体にタブーや強制があるのは共同体の外側と共同体の内側を区別し共同体を維持するためで、決して共同体のなかの個人を守るためではない。極端な例をあげれば、戦争による死者は共同体の犠牲者であることはあきらかで、シモーヌ・ヴェイユの言を借りれば「戦争は自国民を殺すことだ。」ということになる。どんな証拠をあげても誰が戦争を起こしたかを調べても、国家という共同体が戦争をし、自国民を殺したことにはかわりはない。
 小は仲間内、大は国家まであらゆる共同体の観念は吉本流にいえば幻想である。もし、最低限度の共同体を必要となるとしたら、ゆるやかな共同体、いつでも抜けることができて、いつでも参加できる共同体、境目が限りなく薄くなった共同体そしてその構成員は共同体の決定事項をいつでも拒否できる権利(拒否権)をもつ開かれた共同体であることが理想である。しかし抑圧する共同体が存在する現在において、我々がなしうることは杉下右京や大門未知子、榊マリコのように智慧(特殊な才能)で自立しながらぎりぎりのところで抑圧をすり抜けていくか、抑圧に従って自己を押し殺し従順に生きていくか、北野サクラのように共同体に対峙して自壊していくか、のいずれかの方法しかないように思われる。
 どの道を選ぼうとも個々の人間の自由であるのは当然だが、これらのドラマを我々が痛快に思ったり共感したりするのは今現実に直面していている問題とどこかで通底しているからであり、無意識的あるいは意識的にか「自己の観念」がどこかで「共同体の幻想」からの疎外(矛盾)を実感しているからに違いない。
 現在という時代は「共同の幻想」から「個人の観念」が自立していく過渡期にあるのかもしれない。

金沢旅行~21世紀美術館『雲を測る男』

 久しぶりにつれあいとの旅行で、金沢に行った。ついた当日は雷雨や雹が降り荒れた1日だった。2日目は晴天で、つれあいが21世紀美術館が見たいというので、ホテルから歩いていくことにした。四高記念公園、広坂緑地を越え10分ほどで美術館についた。開館10分前に着いたが、もう100人以上が並んでいた。特に白人系の人たちが多く、芸術は豊かさの指標なのかもしれないと、ふと理由もなく思った。
 いくつかの展示に興味をもったが、ヤン・ファーブルの作品『雲を測る男』に添えられた解説文に最も興味がわいた。

 本作品は、『終身犯』(1961年 米国)という映画から着想を得て制作されました。この映画は、監獄に入れられた主人公が独房で小鳥を飼い、鳥類学者となった実話に基づいています。映画の終わりで研究の自由を剥奪された主人公が、「今後は何をして過ごすのか」と問われ、「雲でも測って過ごすさ」と答えましたが、作品のタイトルはその台詞に由来しています。(以下略)

 この独房と個人の関係性はちょうど埴谷雄高が戦前思想犯として独房に入れられ、その中でカントやドストエフスキーの本を読み「革命家は行動を起こさなければいけないという観念論ではなく、未来のビジョンを示せばよいということを示したコペルニクス的回転」(吉本隆明)に至った経緯に似ている。マルクスが言うように人は自然を価値化(対象化)することで疎外(自己疎外)され意識が生まれた(あるいは逆に意識が生まれたから自然を疎外した)。同様にして独房に入れられると、人の行動は疎外され、意識の自由を求めるほかないようにおもわれる。このような環境では、現実的に見える行動は観念的であり、観念的に見える意識が現実的になるという一見パラドックスにみえる現象が人の到達しうる究極的な現実といえなくもない。すべての現実を受け入れざるを得ないとき、人は現実の世界の不自由と引き換えに観念の世界の自由を獲得する。

 この「終身犯」も独房で行動を疎外され、さらに鳥類学の研究の道も断たれてもなお、観念の世界で自由に生きる場所を見出すため、独房にわずかに穿たれた窓を通して「雲を測る」という現実をつかみとることができると考えたのだろう。

Nとの対話~日米貿易協定

N:
 日本では、秋だと言うのに、私の住み家では桜の話題で持ちきりです。
その間に日米貿易協定が粛々と進んでいます。私はTPPの蒸し返し、日米FTPだと思っています。同じようなことを共産党が衆院で2019.11.13に、衆院農林水産委員会で田村貴昭議員が、衆院外務委員会で穀田恵二議員が、茂木敏充外務大臣に質問しています。
 田村貴昭は、再協議規定があり、さらなる関税下げも要求される、ことについて、穀田恵二は、国会を欺く資料提出について、審議の根幹に関わる重大問題だとして、途中で質問止めちゃいました。
 アメリカは、クリントンの頃から再協議といういつもの手を使ってきます。外務省の資料について、調べてみました。
 今回の日米貿易協定の始まりは、2018年9月26日の日米首脳会談です。日米首脳会談の共同声明の仮訳で、「Trade Agreements on goods, as well as on other key areas including services」(物品、およびサービスを含む他の重要分野に関する貿易協定)を、「日米物品貿易協定(TAG)」と意識的に直訳とは異なる一部だけの翻訳をしました。しかもこれを正式な翻訳のように扱っています。

2019年4月、ワシントンDCで行われた、日米首脳会談・閣僚会合で交渉開始。このとき「日米物品貿易協定」という言葉が消えていました。その後
2019年8月25日、日米首脳会談をめぐるページで、昨年9月の共同声明の日本語版が仮訳であったことを認めました。
2019年9月23日合意確認。
2019年9月25日、日米首脳会談をめぐるページで、「日米貿易協定」という用語を使用。(8月25日段階では「日米貿易交渉」となっていた。)
2019年10月7日公式文書署名。2019年11月15日には衆議院通過しました。20日から参院で審議される見通し。

 なぜ、外務省は隠すのか。日米貿易協定の外務省による日本語版では、第7条この協定の付属書は、この協定の不可分の一部を成す。第11条この協定は、日本語及び英語をひとしく正文とする。ただし、付属書Ⅱは、英語のみを正文とする、となっています。
 付属書Ⅰは日本国の関税及び関税に関連する規定で114ページ、付属書Ⅱはアメリカの関税及び関税に関連する規定で24ページ、またⅡについては公式日本語版の作製が禁止されています。この協定の本体である付属書の分量が全然違います。日本側についてはこと細かく規定されていますが、アメリカ側については概要しか書かれていません。先に上げた、再交渉でいつでも変えることができるようにしてあるように思われます。でも、これで対等の外交協定なんですかね。そりゃ、外務省も隠したいですね。
外務省のサイトに英語版があります。興味があったらご覧ください。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000527401.pdf

瘋癲老人:
 国家間の経済交渉は経済・軍事など国家間の力の差が現れるものだと思います。政治家は自国に有利な交渉結果だといって、自分の力を誇示したいため、あるいは失敗を隠すため、交渉の結果はこれだけのものを勝ち取ったといって、不利な内容は隠そうとしてしまいます。そんなことは何十回も繰り返してきています。もし、このようなことをなくそうと考えるならば、国家の介入のない経済社会、あるいは国家のない社会が実現しなければ解決できないと思っています。
 しかし、現実的には国家が存在し、経済社会を管理しています。国家がある限りは確かに少しでも有利な条件を相手に飲んでもらいたいと思うのは我々も、政治家も同じだと思いますが、実際の交渉ではそうもいかないのでしょうね。でもまともな政治(高みから見下ろす政治ではなく、庶民目線の政治)をめざすなら、交渉結果の不利な点も明らかにして、なぜ不利な条件をのまなければならなかったかを説明する必要があるのでしょうね。